シンガポールで電動キックボードを買うならココ

f:id:ToolBoxMeet:20180711135037j:plain

こんにつぃあ〜

 

海外で電動キックボードってよく見かけるようになりましたよね〜。

日本では硬直的な道路交通法のおかげで、まったく成長しないパーソナルモビリティ界隈ですが、特にアジア圏では多種多様なパーソナルモビリティが出現しています。

 

toolboxmeet.hatenablog.com

 

 

さて、今回は、シンガポールでパーソナルモビリティ、特に万人が扱いやすい電動キックボードを買うのにおすすめのショップを紹介します。

 

電動キックボード、正直中華系メーカーが乱立していて、どれを買えばいいのか全くわかりません。シンガポール国内で調べても、ショッピングモールの一角に店を構える小奇麗な店から、街場のきったない自転車屋みたいな店まで、展開しており、更に混迷を極めるわけですが、ついにシンガポールにおける電動キックボードの聖地にたどり着くことができたので、紹介したいとおもいます。

 

シンガポールの電動キックボードといえば、、

f:id:ToolBoxMeet:20180711135109j:plain

はい、どうですか、このギーク感満載の内観。

そもそも店舗というよりも倉庫の一角にカウンター作りました感丸出しの店ですし、決して便利な場所ではのですが、何がすごいって、客の数。

ローカルの客が日中絶え間なく通っており、その目的も、本体の購入からパーツの購入、修理やアフターケア等様々な模様。

だいたい、ショッピングポールの店舗なんて、そこで整備できんのかって思うほど、整備スペースがありませんし。

 

カウンターの裏には、凄まじい数のパーツストックがあり、私が駆るw、Xiaomi m365というシャオミ製の電動キックボードの部品なんて、シンガポールの実店舗ではここでしか見つけられませんでした。

f:id:ToolBoxMeet:20180711135143j:plain

 

サイトを見たところによると、電動キックボード本体はS$299〜

Singapore Electric Scooter

f:id:ToolBoxMeet:20180711134457j:plain

f:id:ToolBoxMeet:20180711134505j:plain

 

中華感が拭えないのが個人的には不安なので、信頼のXiaomi笑を買いましたが、これもまだまだ現役で販売中ですね。

f:id:ToolBoxMeet:20180711134612j:plain

最近では同じものに乗っている欧米人を結構見かけるようになりました。

日本ではKintoneなんかが有名ですよね。

 

で、場所どこなん?

中心街じゃないんです。

しかも倉庫ビルの中なんです。。

goo.gl

 

f:id:ToolBoxMeet:20180711135604p:plain

MRTの駅でいうと、Circle LineのTai Seng(CC11)という駅近く。

f:id:ToolBoxMeet:20180711135958p:plain

地上に出ると見えるこの、ギークツインタワー(LEONG HUAT BUILDING)の右側の五階にあります。

業務用ビルなので、ショッピングモールのようなウエルカム感は皆無ですが、ご心配なきよう。

 

入店したら、まずタッチパネルで待合番号を取得しましょう。

電光掲示板に番号が表示されれば、呼ばれたカウンターで要件を伝えればOK

番号を取らなければ、何時間も誰も何も教えてくれないまま平気で放置されます(たぶん、)

時間帯によっては混み合っているので、開店直後が狙い目ですが、いつ行っても出ている商品は見学可能です。

まずはネットショップで目星をつけて、実物を見に行くのがおすすめかもしれませんね。

 

 

toolboxmeet.hatenablog.com

 シンガポールでの電動キックボードに新しいルールが適用されることになった模様

実際に使用する前には要チェックです。