社会人マレーシア留学【準備編:エージェントは必要??】

f:id:ToolBoxMeet:20150202022441j:plain

こんばんは。

この度、私がかねてより興味を持っていた、東南アジアでの語学留学(短期)を終えましたので、感覚が新鮮なうちに、メモとして起こします。

 

留学エージェントって必要なの??

大学時代、残念ながら海外留学とは縁がなかったために、「よし、留学するぞ!」と意気込んでも、どうすればよいのかさっぱりさっぱり、わかりませんでした。

 

とはいえ、東南アジア留学それ自体でも、ネットで検索すれば、様々な情報が出てきます。特によく目にするのが、留学エージェントのサイトです。

 

留学エージェントは、日本にいながら、本人の留学目的、期間、予算、その他条件を引き出し、最適な提案をしてくれる仲介業者という位置づけとなります。

 

サイトには見やすい(これ重要!)語学学校の紹介が掲載され、電話やメールで問い合わせると、すぐにレスポンスがあり、非常に心強い方々でした。

でも、高いんです。

総額で金額を出してもらうと、思っていた金額の倍くらいになる(無知だったというのも含めて)

 

社会人ですので、休暇も限られており、時間にもそれほど余裕があったわけではなかったのですが、

自分で語学学校に直接申し込んだらもっと安いんじゃないの?

とか、思ってしまったわけです。

 

もちろん、留学エージェントの斡旋費用には、保険や、万が一(有事ではなく、瑕疵という意味で)に備えての保障も含んだ料金ということが大半でしょうが、何でも挑戦と思って、興味のあった語学学校に直接問い合わせをしました。

 

結構安い。。

めぼしをつけた2つの語学学校にメールで打診してみたところ、早々に返信があり、1ヶ月(〜3ヵ月程度まで)の留学であれば、特に複雑な手続きもなく、入学することは可能なようです。

 

料金は概算は同じ学校、同じコースで30〜40%程安く済ませられる印象を受けました。

 

私の場合、クアラルンプールのELCとELS(似たような名前ばかりでよくわかりません笑)という学校に目方をつけておりましたが、今回はELSに通うことに決定しました。

【ELC】


Study English in Malaysia with Best English Language School : English Language Company

【ELS】


ELS Language Centres, Malaysia: Learn English in Malaysia

 

この2つは料金もあまり変わらず、どちらもいいなと思っていたのですが、ELSの方は、TOEFL対策講座を開講しているということが決め手となりました。

IELTS講座は開講している学校が多いのですが、TOEFLは目的がより限定的であるという理由で、持っていない学校が多いとのことでした。

 

エージェントを使いませんので、メールで不明なことを何度もやりとりし、出発2週間前までには、一応、日本にいながら出来る全ての手続きは完了しました。

 

必要な事項は

  • 期間(VISA)

まず、何ヶ月勉強するのかという点ですが、もちろん長いに越したことはありません。

6ヶ月位滞在すると、いろんな面で、英語でのコミュニケーションが身に付くのではないかな?と感じました。

現在のマレーシアの規則では、3ヶ月までの留学であれば、ソーシャルVISA(要は、No VISA)で滞在可能なようです(2015年1月現在:重要な事ですのでご自身で都度確認願います)

  • コース

これは学校によって異なりますが、ELSではCIEP(CERTIFIED INTENSIVE ENGLISH)というコースを選択しました。

サイト上では他のコースと、併記されているのでよくわからず、取り敢えずレベルの高いものを選択しましたが、実際に通ってみると、ほぼ全員がこのコースのような気がしました。

f:id:ToolBoxMeet:20150202023108p:plain

ELSの場合、CIEPが”101から109”までの9クラスにレベル分けされており、最初の学力テストによるクラス分けで決まったクラスで1ヵ月学び、授業内の都度のテストの結果によって、上位クラスに進級または残留、109までクリアすると、アメリカの大学でやっていけますよ、というのを謳い文句にやっているみたいです。詳しくは後日書こうと思います。

  • 住居

住居も様々な種類があるみたいです。

複数人の共有部屋

・一人個室のリビング共有コンドミニアム

・完全一人個室のコンドミニアム

私は今回、空室確認をした上で、完全一人個室のコンドミニアムを申し込んだのですが(それでも安いので)実際に行ってみると、空室なしということで、リビング共有のコンドミニアムになりました(もちろん価格は相応分だけ支払いです)

  • 支払い

これには結構驚いたのですが、ELSは入学金含むすべての費用は現地払いでした。

指定された、入学日に現金にて支払いという形

ELCの方は、支払い条件を確認したところ、海外送金云々ということでしたので、入学前に要支払いのようです。

 

アジア留学の手配は、自分でも出来る!!

今日は、留学エージェントを使わない場合の、申し込み手続き等、についてつらつらと説明しましたが、次回以降は、今回滞在した学校の内容やマレーシア留学に関して、良かった点、悪かった点など紹介していこうかと思います。

 

実は、まだマレーシアにいます。

飛行機6時間遅れてます。

とほほ。